入れ歯・インプラント

それぞれの「よさ」を生かした
治療を提案いたします。

当院では、入れ歯、インプラントにもしっかりと対応しております。
近年、メディアに取り上げられる機会は圧倒的にインプラントのほうが多いですが、入れ歯のほうが合うという方もいらっしゃいますし、高機能で精密な入れ歯も開発されています。
また、入れ歯はインプラントと違って手術が必要ありません。

それぞれのメリットとデメリットをきちんとお伝えし、一緒になって考え、最後には患者さまにとってベストの選択をしていただくことが当院の願いです。
費用面や治療後のことなど、ご不明な点がありましたら、何でも、お気軽にお尋ねください。

入れ歯

レジン床入れ歯

入れ歯の床部分にレジン(歯科用プラスチック)を使用します。
厚みがある分、違和感もあります。ただし、長年レジン床入れ歯を使ってきて不満がないという方もいらっしゃいます。

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用します。
薄くつくることができますので、違和感が大幅に抑えられます。
また、熱の伝導性に優れていますので、食べ物・飲み物の温かさ、冷たさをしっかり感じることができます。

ノンクラスプデンチャー

クラスプ(留め金)が一切ありません。
薄く軽い素材が、歯ぐきに吸着するようにして固定されます。
違和感がほとんどなく、使用感は大変優れています。
ただし、素材の特性上、耐久性にやや劣ります。
また、一度壊れてしまうと修理が難しいという欠点があります。

インプラント

インプラント治療とは

むし歯や歯周病、あるいは事故などにより歯を失ったときに、人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋めて固定し、その上に人工歯を装着することで、まるで自分の歯のような美しさと機能性を回復させる治療法です。

1

天然歯と変わらない美しさを再現

入れ歯のような留め金がなく、人工歯にはセラミックを使用します。天然歯と変わらない美しさ、自然な仕上がりを再現します。

2

強く噛める、味わえる、磨ける

インプラントは、顎の骨に強固に支えられています。強く噛み、食べ物をしっかり味わうことができます。外れたり、ずれたりする心配はありません。 また、天然歯と同じようにブラッシングしていただけます。(インプラントを埋入した方には、改めてブラッシング指導を行います)

3

周囲の歯、歯ぐきへの負担が少ない

インプラントは、1本の歯として顎の骨と連結して立っています。入れ歯のように留め金がなく、歯ぐきに吸着して安定を得ているわけでもありませんので、周囲の歯や歯ぐきに余計な負担をかけません。

4

埋入後の定期的なメインテナンスが欠かせない

インプラントは美しく機能的ではありますが、あくまで人の手によってつくられたもので、天然歯とまったく同じというわけにはいきません。永く快適に使用していただくためにも、埋入後は定期的なメインテナンスのために来院していただく必要があります。 埋入後のメインテナンスができない方には、インプラントをお勧めしません。それくらい、インプラント治療におけるメインテナンスは必要不可欠なものです。

安全・安心のインプラントのために

事前に必ずCT撮影

顎の骨の量・厚みの確認、インプラント埋入の深さと角度の計算のため、インプラント治療を受けられる方には必ずCT撮影を行っております。

3次元の画像が、埋入手術の安全性を高めます。

埋入時は麻酔医が麻酔をする

手術時には麻酔をしますが、その際には麻酔を専門とされる先生をお呼びし、十分に安全を確保した上で行います。

078-331-3522