一般歯科

治療しながら、再発防止にも取り組む。
患者さまのご協力も欠かせません。

むし歯治療

多くの方が経験したことのある「むし歯」。むし歯かな、と思ったらすぐにご相談ください。

早いうちでしたら、ほとんど削ることなく治療ができます。
当院のむし歯治療では、特に以下の3つのことを大切にしています。

できるだけ歯を残す

1本歯を失うということは、ただ1本分の歯の機能を失うだけでは済みません。
まず、周囲の歯と歯ぐきへの負担が増えます。抜けたままにしていると、健康な歯まで傾き、そこから過度なすり減り、咬み合わせの悪化、顎関節症、身体の不調と、さまざまなリスクを招きます。
当院では、歯の根が侵された重度のむし歯への治療(根管治療 )にも対応し、1本でも多くの歯を残せるように努めています。

再発防止

「むし歯になれば削って治せばいい」と治療を繰り返していると、いつかその歯を失ってしまいます。
歯は削る度に生命力が落ちていきます。特に神経を取ると急激に弱ってしまいます。
際限なく治療できるわけではありません。
むし歯の原因は、ブラッシング方法やそのタイミングにあるのか、食生活にあるのか、体質からくるのか、人それぞれです。
当院では、むし歯の原因を明らかにしてお伝えし、患者さまと一緒に対策を立てることで再発防止に努めております。
歯ブラシの選び方から定期検診、フッ素塗布まで、その方に合った再発防止策を提案させていただきます。

痛みの少ない治療

歯を削るときには、一つひとつの作業を丁寧に、削除量を必要最小限に留めます。
また、表面麻酔(塗るタイプの麻酔)で注射の痛みを軽減します。

歯周病治療

こんな方は要注意

起床時、口臭が強い(強い気がする)
偏食ぎみである
ブラッシング時に歯ぐきから出血がある、膿が出る
歯ぐきの先端が赤く腫れている
冷たいもの、熱いものがしみる
歯がぐらついている
喫煙している
歯が長くなった気がする

歯周病と、その「こわさ」

歯周病は、主に磨き残しのプラーク内の歯周病菌を原因として起こる病気です。
むし歯とはまた違った「こわさ」があります。

初期~中期まではほぼ無症状のため、進行に気づかない(軽度のものを含めると成人の約80%が罹患)。
重度にまで進行すると、最悪の場合は歯が脱落する。
歯を支える顎の骨が溶ける病気であり、一度溶けてしまった骨の回復は非常に難しい。

※GTR、エムドゲインといった治療法もありますが、すべての方に十分な効果があるわけではありません。

どうやって気づくか、予防するか、治療するか

無症状のまま進行するなら、そもそも気づきようがありません。
しかし、それはあくまで「患者さまご自身では」ということであり、歯科医院では明確な基準に基づいた検査ができますので、正しい診断が可能です。
少しでも不安がある方、特に30代以上の方は、むし歯だけでなく、歯周病の予防にも取り組みましょう。

予防

ブラッシング指導 ブラッシング方法を改善し、歯周病菌を含んだプラークを効率的に、正確に除去していただきます。その方の口腔の形状、歯並びに合った方法をお教えします。
定期的なクリーニング プロの手でクリーニングを行い、口内の歯周病菌を限りなくゼロに近づけます。その後、一定程度まで歯周病菌が増えた頃、再びクリーニングを行います。定期的に繰り返すことで、「歯周病菌が増えにくい、きれいな口内環境」へと導きます。

治療

スケーリング・ ルートプレーニング 歯周ポケット、歯間、奥歯の裏側など、ブラッシングでは除去しきれないプラークを、特殊な器具を用いて徹底的に除去し、炎症の進行を抑えます。
フラップオペ 歯周病が悪化し、歯周ポケットが深くなった場合に行います。
悪化した箇所の歯肉を切開し、露出した歯面のプラークを取り除き、縫合します。
GTR、エムドゲイン 歯周組織の回復を目指した外科処置です。十分な効果を得られる場合もありますが、すべての方に適応するものではありません。
078-331-3522