顎関節症・歯軋り(マウスピース)

顎関節症について

顎関節症とは、顎関節に何らかの異常がある状態を指します。

「違和感がある」といった程度のものから「口が開けられない」という重いものまで、症状の度合いに幅があります。また、肩こりや目まいなどの全身の不調とも関係があるとも指摘されています。

歯並び・咬み合わせの乱れ、咀嚼の癖による骨格や筋肉のアンバランス、ストレスや歯ぎしりが原因だといわれていますが、残念ながら未だはっきりとした「原因の特定~治療」までの過程が確立されていません(治療により症状が治まった方はたくさんおられます)。

顎が「カクカク」と鳴る
口を大きく開けない
顎周辺に違和感や痛みがある
歯軋りしている

心当たりのある方は、治療の必要があるかどうかの診察も可能ですのでお気軽にご相談ください。

歯軋りについて

寝ている間に歯を強く食いしばったり、カチカチと音を鳴らしていると言われたことはありませんか?

歯軋りをすることによって、歯が削られたり知覚過敏を起こす恐れがあります。また、強く力を入れてしまうことから顎への負担が大きくなり、顎関節症や頭痛、肩こりを引き起こしてしまうこともあります。気になる方は早めの診察をおすすめします。

顎関節症

治療方針

当院では、顎関節症をきたす患者様にはマウスピースによる治療を推奨しております。また、診察時にマウスピースをつくるほど深刻ではないと判断した場合は、しばらく経過観察するようにも勧めています。マウスピースを作るには、もちろんお金もかかります。

経過観察で治癒する段階か、マウスピース治療が必要かどうかは患者様の状態を的確に判断した上で、治療方針をご提案しています。

また、歯軋りについても、症状を防止する「ナイトガード」(睡眠時に着けるマウスピース)を推奨しています。マウスピースの着用で経過観察をしながら、症状に応じて早急に信頼の置ける医療機関、口腔外科医をご紹介しております。

マウスピース

料金について

原則保険診療となります。
保険診療で約3500円ほどになります。
自費治療
治療内容
費用
スポーツ用マウスピース
5,000円+税