根管治療

根管治療に関するこんなお悩みございませんか?

むし歯が進行し、むし歯菌が歯の根(根管)にまで侵入してしまうと、削るだけでは治りません。そこで、歯の根の内部の神経・歯髄ごとむし歯菌を取り除く「根管治療」が必要になります。
根管治療とは、いわゆる「神経を取る」治療です。神経を取り除くわけですから、治療するまでに感じていた痛みはまるでなくなりますが、当然デメリットもあります。例えば、

・神経を取ってしまったために歯が弱くなってしまう
・歯の異常のサインであるはずの「痛み」を感知できなくなる

といった点です。

また、根管治療は、一般的な治療(歯を削る治療)よりも通院回数が多くなるので手間もかかってしまいます。
できるだけ虫歯を進行させないように、違和感や痛みに気づいたときはすぐにご相談ください。

歯をできる限り抜きたくない
歯の治療で後悔したくない
虫歯が進行しすぎて辛い
歯や歯茎に痛みがある

いくつか当てはまる方は、まずはご相談ください。

根管治療の必要性

根管治療は、歯科医師の技術力が非常に重要となります。
もしも、治療時にむし歯菌の取り残しがあったり、きちんと封鎖できていなかったりした場合、そこから唾液が侵入し、根管内部でむし歯が再発してしまいます。

根管治療は非常に精密な作業が要求される治療です。治療後も患者様に安心して日常生活を過ごしていただけるようにするためにも、根管治療は歯科医師の腕にかかっているといっても過言ではありません。

治療風景

根管治療の治療方針

この治療技術は、その後の歯の寿命を左右するとも言えます。
当院では、再発防止のために一つひとつの作業を丁寧に行い、根管治療後の歯の寿命を少しでも永くすることに努めております。

当院では、歯科医師の確かな技術力に加え、必要に応じてCTも使用。歯の状態を正しく観察・判断します。そして診察結果を踏まえ、最適な治療方針を患者様に提案し、患者様と一緒に今後の治療方針を固めていきます。

大切な歯、一方的に治療を行うのではなく、患者様の意見や要望もきちんとお伺いしながら最適な治療を実現していくことが当院の特徴です。

治療風景

料金について

原則保険診療となります。